映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」見てきました!!!感想、リタ・レストレンジとは誰か、今後の展開は…?(※ネタばれあり)

ついに…!

映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(原題:Fantastic Beasts and Where to Find Them)」を見てきましたー!!!

私は結構なハリポタファンで、これまでハリー・ポッターシリーズは何度も見直したり(でもよく人物名とか固有名詞忘れるw)、とにかく好きなんですが、そんなハリポタファンを裏切らないレベルで、ファンタビは素晴らしい作品でした!

映画「ハリー・ポッター」シリーズの第1作目「ハリー・ポッターと賢者の石」(2001年公開)でのストーリーの設定は1992年で、ハリーらが11歳でホグワーツ魔法魔術学校に入学するところからスタートします。

で、今回の映画「ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅」(以下ファンタビ)は、ハリー達よりも前の1926年頃が舞台。

ホグワーツでも使われる教科書「幻の動物とその生息地」の著者で、ホグワーツ出身の魔法動物学者ニュート・スキャマンダー(1897年生まれ、ハッフルパフ)が主人公となっています。演じるのはオスカー俳優である今人気のエディ・レッドメインです。

ファンタビは、1926年ころ、ニュートが「幻の動物とその生息地」の調査を終え、ニューヨークに少し滞在した時、ノー・マジ(イギリスではマグル)、つまり非魔法使いのジェイコブ・コワルスキーが、ニュートの魔法動物たちが入ったトランク(魔法拡張スーツケース)を開けてしまい、そこから危険な魔法動物がニューヨークの街に飛び出してしまうところからストーリーが始まります。

※ここからかなりネタバレなので注意です!

ニュートたちは逃げ出した魔法動物たちを探すのですが、当時のアメリカの魔法界と人間界は関係が悪く、このニュートの一件により、さらに関係がおびやかされます。

さらにおそろしいのが、この頃はまだヴォルデモートは存在しないのですが、闇の魔法使いグリンデルバルドが猛威を奮っていて、魔法界で彼は恐れられた存在でした。

また、ニューヨークでは謎の「黒い影」が街を破壊し、皆その正体がわからず怯えていました。さらに「黒い影」は、ある夜、大統領候補を殺してしまったのです。

ここで、魔法議会のティナ・ゴールドスタインは、ニュートが放ってしまった魔法動物がこの「黒い影」であると断定し、魔法議会に彼を突き出し、ニュートは死刑を処される事態に。

しかし、この「黒い影」正体はニュートの魔法動物ではなく、「オブスキュラス」であると判明するのです。

オブスキュラスとは、魔法使いの力が暴走してしまった時に、闇の力となって暴走してしまうもので、主に子供に憑りつき、その憑りつかれた子供は10歳も生きることができないそうです。実はニュートは過去にオブスキュラスに憑りつかれた少女に出会ったことがあり、彼女からオブスキュラスを引き離したことがあるそう(でもその少女は亡くなってしまいました)。

実は、アメリカの魔法議会(メクーザ)の保安局長であるグレイブスは、密かにオブスキュラスが宿った子供を探しており、彼は魔法使いを迫害している一家メアリー・ルー家の養子のクリーデンスの妹のモデスティがオブキュラスだと睨んだのです。

メアリーは何人もの養子をとっていましたが、その子供たちに虐待をし、中でも兄のクリーデンスはベルトをムチとして虐待を受けていました。

弱気な青年クリーデンスにとってグレイブスは唯一の友人だと思っていましたが、オブキュラスが妹であるとわかった瞬間、グレイブスはクリーデンスを「用済み」と言い、また魔法使いにもなれないと言い放ち、彼を切り捨てたのです。

これにクリーデンスは悲しみと怒りがこみ上げて豹変してしまいます。そう、本当はクリーデンスがオブキュラスだったのです。

クリーデンスは怒りと憎しみで強力なパワーを持ち暴走。ニューヨークの街を破壊。グレイブスを殺そうとしますが、ニュートやティナがクリーデンスを救おうとします。

ここで魔法議会の魔法使いたちが駆け付け、クリーデンスのパワーを抑えるため、魔法をかけ、クリーデンスは消滅してしまいました。

グレイブスの正体

ここでグレイブスは失望と怒りで魔法議会からの脱退を表明し、議会の魔法使いたちに攻撃をしかけます。しかし、ニュートがグレイブスを捕らえ正体を暴くと…実はグレイブスの正体は、闇の魔法使いグリンデルバルド(俳優はジョニー・デップ!)だったのです!グリンデルバルドは捕らえられそのまま魔法議会に連行されていきました。

グリンデルバルドとは?

最初の方でも書いたように、グリンデルバルドは、ヴォルデモートが現れるまで史上最悪の闇の魔法使いとして恐れられていました。しかし、彼は実はハリー・ポッターシリーズのホグワーツの校長ダンブルドアの同期で友人でした(美少年だったそう)。また、ダンブルドアはグリンデルバルドに恋をしてしまったそうです。二人は親友でしたが、その後グリンデルバルドは闇の魔法使いとなり、ダンブルドアを裏切ります。その後二人は死闘を繰り広げ、グリンデルバルドはダンブルドアに倒され、その後ヴォルデモートに殺されます。また、グリンデルバルドは、死の秘宝であるニワトコの杖の所有者でもありました。ハリー・ポッターシリーズにも少しだけグリンデルバルドが登場します。

btdcurzcaaau-8l

若き日のダンブルドア(左)と、グリンデルバルド。

クリーデンスは死んでいない?

話は戻って、クリーデンスは魔法議会の魔法使いたちによって消滅してしまいましたが、よく見ると、最後そのクリーデンスの黒い影の一部が少し残っていて、生き物のように動いて瓦礫を上るシーンがあります。ニュートも何も言わずそれを見つめていますが、おそらくクリーデンスは完全に消滅したのではなく、おぞらく何らかの形でまだ存在しているのかも。それかまだオブスキュラスが残ってしまったということ…?

あと、実は第2弾の出演キャストにクリーデンスを演じたエズラ・ミラーの名前があるので、回想シーンでなければ、やはりまた登場するのかも…?と思いました。

グレイブスがクリーデンスに渡したネックレスが死の秘宝のマーク

グレイブスがクリーデンスに路地裏で話すシーンで、グレイブスがクリーデンスに渡したネックレスは死の秘宝のマークになっていたんです。グレイブス(本当の正体はグリンデルバルド)は、かつてダンブルドアと死の秘宝を探していたので、今後の続編でも死の秘宝にまつわる話が色々あるのかもしれません。

リタ・レストレンジって誰

ニュートのトランクの中の世界で、ある女性の写真が飾ってあります。ティナの妹クイニーがニュートに彼女について聞こうとしますが、どうやら悲しい思い出があるようでニュートは深く話しません。どうやらニュートが恋をしていた相手だったようです。

ニュートは自身が飼っている魔法動物が人に危害を加えたことで、ホグワーツを退学になってしまいますが、このリタが関わっているのかも…?

レストレンジというと、ハリー・ポッターシリーズを見ている方ならわかるといますが、ヴォルデモートの手下で死喰い人のベラトリックス・レストレンジが思い浮かぶと思います。

1bc3aa6d-1

リタってもしかして、ベラトリックスの先祖!?と、思うかもしれませんが、ベラトリックスの旧姓はブラックなので、おそらくベラトリックスの夫であるロドルファス・レストレンジの先祖なのかもしれません…。

リタは一体何者なのでしょうか…。ニュートが言った「リタは奪う側だった」という言葉も気になります…。

可愛すぎる魔法動物たち

全然触れていませんでしたが、魔法動物たち本当可愛いですよねー。私はニフラーとボウトラックルがお気に入り。あとニュートの求愛ダンスも面白いw実際に発売している本「幻の動物とその生息地」に、魔法動物たちの詳しい生態について書かれているので、気になる方は是非読んでみては!

ファンタビ続編はどうなるのか

なんとリタは続編で登場し、有名歌手レニー・クラヴィッツの娘で、女優のゾーイ・クラヴィッツが演じることが決定しています。

また続編でもジョニーが演じるグリンデルバルドの登場が決定。さらにイェーツ監督が続編でダンブルドアが帰ってくるとインタビューで言っていたので、やはり二人の絡みがありそう!ダンブルドア役を誰がやるのかも注目。

今回の時代は1926年でしたが、グリンデルバルドが更に猛威を振るっていたのは1940年ころなので(1945年にヴォルデモートに殺される)、今後どんな展開になるかも楽しみ!

あと、ハリー・ポッターシリーズの設定ではニュートとティナが結婚するそう。そしてその後ニュートの孫は、ハリーの友人であるルーナ・ラブグッドと結婚します。ファンタビでは、最後にニュートがティナに「本が完成したらまた来る」と言っていたので、今後の作品の中でまたニューヨークに帰ってくることがあるのかも?

とにかく、やっぱりハリー・ポッターシリーズ、ファンタビ、JKローリング…全部大好きです!

ファンタビは全部で5作になる予定で、第2弾は舞台がフランス・パリにうつるみたいです!第2弾は2018年11月16日公開予定(日本は11月23日)、第3弾は2020年になるそう!今から待てない!

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中